症状別ページ

実は今、この原稿を前にして30分くらいジッとしてるんです。というのも 「インナーマッスルを鍛えましょう」 皆さんもよく耳に目にするでしょう。私も施術の中でよくお話をしますが、さて文章にと思うと・・・表現力の無さを恨むばか…

続きを見るarrow_forward

世に定着しているインナーマッスル、アウターマッスルという言葉ですが、厳密な定義はありません。ですので前回、(言っちゃったモン勝ちなので^^;)勝手に定義させていただきました。 インナーマッスルとは「重力に抗して俺は(私は…

続きを見るarrow_forward

前回の「その2」で 「赤ちゃんのインナーマッスルは体がこけないように踏ん張る時にこそ鍛えられる」 というお話をさせていただきましたが、どうでしょう?何となく伝わったでしょうか? 毎日毎日寝ては覚め、覚めては立って、立って…

続きを見るarrow_forward

ダンベルを使った上腕二頭筋トレーニングで大切なのはゆっくり降ろすこと。 「ダンベルをゆっくり降ろす」ことの中に「インナーマッスルを鍛えるという神髄」が隠されています。 前項3で「基本、筋肉は縮むことしか出来ません」と書き…

続きを見るarrow_forward

大人はどうすんの? そうなんです、すっかり忘れてました。 じゃ、お聞きします。 なぜ鍛えたいんですか? 「・・・・・・・」 合コンでよくある、「ねぇ、いくつぅ?」「いくつに見えるぅ?」って質問返しみたいですみません(^^…

続きを見るarrow_forward

とは言え、前回から続く「ひねりにくい腰痛シリーズ第4弾」でもあります。 「野球に肩や肘の故障はつきものなんだから、うまく付き合っていくのが一人前の選手だ」みたいな事言ってる指導者がいたら教えて下さい。 ぶん殴っちゃります…

続きを見るarrow_forward

「お前、すぐ肩痛い言うなぁ。根性入ってないんじゃないか?」みたいな事を言う指導者がいたら教えて下さい。ぶん殴っちゃりますから。 前回はお尻や背中の筋肉と肩肘のお話でしたが、今回は広背筋(これも俗にいうアウターマッスルです…

続きを見るarrow_forward

何年か前、「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」という小説がありましたが、今回はそんなお話です(なんのこっちゃ?)   「お前、すぐ肩痛い言うなぁ。根性入ってないんじゃないか?」みたいな事を言う指導者…

続きを見るarrow_forward

「おらぁ、もっと素早く腰をひねれ!」 野球部だとバッティング練習で言われるんでしょうね。そんでもってひねりが甘いと 「そんなんだから、強い打球が飛ばねぇんだよ」と。 テニスでもそうでしょう。あ、ゴルフもそうか。けど、言っ…

続きを見るarrow_forward

その1ではこんなことを書きました。 腰はひねれないんっす。 腰の上下の筋肉が伸び縮みすることで身体全体としてひねって見えるんっす。 ひねりにくい腰痛には腰以外に原因があることが多いんっす、と。 けど、今回は腰そのものにフ…

続きを見るarrow_forward